読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぼえて書くだけ!

覚えたら書く。それだけのブログ

【どうでもいい話】カフェオレとカフェラテの違いはコレだ!

カフェオレとカフェラテの違いについて、カフェでバイトをしている方から聞いた情報について覚え書き。

 コーヒーのクリープ派or牛乳派問題についてはコチラ↓

oboeta.hatenablog.com

カフェオレとカフェラテは、呼び方が違うだけじゃないのか?

カフェオレとカフェラテどっちにする?なんて会話は今まで発生したことは無いのだが、コンビニで売っているラテなのかオレなのかについても、誰も気にしている様子は無かった。

 

しかし、先日カフェでバイトしていた事のある女性の前で、カフェラテとカフェオレって同じだよね~!という話をしていたら、違うぞ!と指摘され解説までしてもらった。

牛乳と生クリームで分かれている説が納得

牛乳プラスコーヒーがカフェオレで、生クリームとコーヒーで作るのがカフェラテだという話。

 

そうなんだー!という感じでその場は終わったのだが、本当にそうなのか疑ってしまう。

オレとラテという言葉の意味を調査してみた

色々と調査してみたところ、その牛乳を使うのと生クリームを使うのでの違いについて発見する事は出来なかった。。。

 

これは・・・。きっと間違った情報を脳内に叩き付けられ変な刺激をもらったまま、モヤモヤしてしまう!

 

という事で調べなおしてみたら、衝撃の事実っぽい情報が。。。

www.rcc.ricoh-japan.co.jp

 

この記事にて、以下の部分に注目。

カフェ・オ・レはフランス語で、レはミルク(牛乳)の意味。
カフェ・ラテはイタリア語の造語で、ラテはイタリア語ラッテからミルク(牛乳)の意味。
つまりどちらもコーヒーにミルク(牛乳)を入れた(混ぜた)もの。
日本語に直訳すると「ミルク入りコーヒー」または「コーヒー牛乳」。この部分まではどちらもコーヒー+ミルクということで同じである。

 !!!!

 

という事は、どっちも同じじゃねーか!!

 

そうか、そもそも言語が違うから日本語にした場合はどっちもコーヒー牛乳という話になってしまうのか。

 

では、商品によって使い方が違うのは、フランス気取りかイタリア気取りかという事で片づけられてしまうというオチか。

 

と思い、記事を読んでいたのだが、本当の違いについてこの記事で発見するのであった。

フランスなのかイタリアなのかでは無い!これが本当のオ・レとラテの違い

これは、真実だと思ったのが以下内容。

根本的にコーヒーが違うのです。
カフェオレとカフェラテではコーヒーそのものが違うのです。
カフェオレのコーヒーは普通のコーヒー。
カフェラテのコーヒーは「エスプレッソ」。

 エスプレッソはイタリアから来たと言われているコーヒーでもあるので、カフェラテはイタリア仕込みだっていう話になりそう。

 

また、日本の場合は牛乳の量で区分しているパターンが存在するようで、牛乳量が50%なのがカフェオレで、カフェラテは80%ほどの量にしているところが多いらしい。

 

oboeta.hatenablog.com

 

覚えたので書いておく。